Recommended link

困ったトラブルは鍵修理を業者に依頼して解決をしましょう。すぐに駆けつけてくれるので安心ですよ。

カギの救急車はトラブルにすぐ対応してくれるので安心できますよ。防犯対策として鍵交換なども行っていますよ。

どれを選べば

古びた鍵

近年家宅侵入による犯罪が頻発しており、さらなる防犯意識が高まりを見せていることもあって、ホームセンターやバラエティショップ、また通販などでもこうした窓や玄関の補助鍵がたくさん販売されています。その他各種防犯グッズもよく売れているそうで、自分の家を自分で守ろうという心構えが広がってきたことを示しています。

窓用の補助鍵がたくさんある中で、どのようなものを選んでいいのか分からなくなってしまいますが、施錠のクオリティ自体はそうどれも変わりはなく、強いて言うならあえて外側から見えるものにすることで強固に鍵をかけられていることを認識させる効果で多少の違いが出るか、また設置の際の手間や外したときの跡など使い勝手の点から選ばれることが多いようです。

その他、防犯性能の高い防犯部品には、CPマークと呼ばれるものが表示されるようになっています。このマークは、防犯効果を実証できた建物製品だけに付与されるもので、このマークがついていればその安全性と防犯製品としての性能を一定水準以上満たしていると判断できるのです。

こうした目安で補助鍵を選べば、たくさんの種類から本当に自分の家を守ってくれる製品に出会う確率が高くなります。もちろんこれらの製品はいずれもアナログな方法でしかロックすることができないものですが、コスト面から考えても、個人レベルで簡単に導入できて、その仕組みも平易でわかりやすい補助鍵はさらに有効に用いることが必要になるでしょう。

こうした部品に加えて夜間に人感センサーで点灯するライトや、窓ガラスが破られないように強化したガラスなどを併用することでさらなる効果を上げることが可能となります。

補助で強化

しっかりした鍵

窓の鍵において、標準的に設置されているクレセント以外にも補助鍵をつけることで、防犯効果が高まります。その補助鍵の種類にはいくつかあります。窓の引き違い部にクレセント以外の鍵がついていれば、単純に突破に時間がかかりますし、窓の外か補助鍵がついていることが確認できれば、突破が難しいと判断して諦めてくれる効果も期待できます。

その補助鍵の種類とは以下のようなものがあります。

・サッシにスライドして固定するもの
スライドできるレールをサッシに取り付け、そこをシリンダーもしくは暗証番号で可動するロック錠で固定するものです。窓を密閉しない状態でも固定ができ、適度な換気もできる上、固定は強固で突破しにくいものです。

・サッシ枠にはめ込むもの
引き違い部のサッシ枠にはめ込み、ツマミを回すことで施錠するものです。部品をサッシに両面テープなどで止める必要がない仕組みで、取り外した後も汚れません。

・クレセント自体を保護する
もともと防犯性としては脆弱であるクレセントを覆うようにして開けにくくしたり、クレセント自体にロックをかけることができるようになっていたり、タイプはいくつかあり、クレセント自体を強化する方法です。

以上のようなものが窓の補助錠としてはよく用いられます。これらを複数つけているだけでも侵入犯を遠ざけられるほか、もちろん鍵本来の機能もしっかり果たすものがたくさん登場しています。

鍵の仕組み

防犯には気をつける

ドの家庭の住居にもある窓。その窓には、たいていの場合2枚ある引き違い窓を金具で留める鍵がついています。これはクレセントと呼ばれるもので、半円状の形のものとその金具をひっかけれられるようになっているものを掛け合わせることによって固定する仕組みです。

それを通常窓の鍵として使用していますが、防犯対策としてはあまりにも脆弱であると感じたことはないでしょうか。玄関も複雑な構造のシリンダーを、しかも2つ以上つけていることが多いのに、窓はなぜ最初からこのような鍵しかついていないのかと考えてしまいます。

このクレセントは、本来は窓を固定することで密閉し、防音などの効果を期待する目的でつけられるようになったものです。しかし、想像に難くないとおり防犯としてのガード能力に乏しく、外から侵入犯に簡単に突破されてしまう仕組みなのです。

それでも窓を固定する装具としてクレセントが今も用いられているのは、内側から開けやすいようにするためなど生活における利便性を追求したものであるともいえます。では、その状態で防犯対策を強化するにはどうすればよいのでしょうか。

近年はクレセントでもひっかけて固定した後にさらにレバーが動かないようにロックできるものが登場しており、簡単には突破できないようにもなっています。また、上端や下端にも補助鍵をつけて、さらに強固に施錠することも積極的に行われています。その補助鍵の設置は自分自身でも行うことができ、部品はホームセンターなどでも販売されています。

危険はすぐそこ

窓

昔から空き巣や強盗の被害とは一定数起きていました。その際から防犯対策は呼び掛けられていましたが、近年とみに犯罪件数が増加し、その手口も大胆かつ巧妙になっています。目隠しやフェイクのような防犯対策を行ってみても、侵入犯もそのような防犯対策には敏感になっており、フェイクだと早い段階で気づかれてしまうこともあります。

とにかく戸締りをしっかりする、雨戸などもぴったり閉めるなど物理的に窓を開けられるのを防ぐ方法から、逆に外へ光が洩れる程度にしておき、人がいる雰囲気を装ってみたりする方法など、押したり引いたりといった対策が随所で語られていますが、侵入犯はそれでも入れそうな家を察知して窓を突破しようとするものです。

そこで有効な防犯対策の1つとして、窓の施錠を厳重に行っておくことも挙げられます。鍵を1か所だけではなく、2か所3か所に設置することで、物理的に窓が開きにくくなるのはもちろんですし、仮に窓の鍵を1か所突破されたとしても、さらに突破しなければならない鍵があるだけで手間取ってしまい、犯人にとってはリスクが高まります。

また、犯人はそのリスクも承知していますから、外から複数鍵が設置されていることが見えれば、その窓は必然的に避けようと思うものです。窓に複数の鍵を設置する方法は、物理的だけではなく視覚的にも効果を発揮するのです。